多重債務の対策について

多重債務の対策について

借金を抱えている方の中には、多重債務者となっている方もいると思います。以前では、こういった多重債務者などは、社会問題ともなっていましたよね。そのため、現在では金融庁などにより、多重債務の対策を行っています。

 

では、多重債務の対策について、ご紹介しましょう。多重債務の対策として行われているのは、賃金業法の改正。また、テレビCMの規制を行ったり、自殺を目的とした生命保険の加入や貸付金の上限額を定める、グレーゾーン金利などの撤廃などを行っています。以前は、消費者金融では、金利などが徹底されていなかったため、多額の利息がつき、「返済が出来ない」ということから、自殺などに追い込まれる方もいたため、今ではこういった対策が行われています。また、内閣により、多重債務対策本部を設置しており、シンポジウムを開催したり、相談窓口を設置するなどして、国を挙げて、多重債務対策を行っているということになります。

 

「個人的には、どういったことに気をつければ良いの?」と思われる方もいると思いますが、まずは個人で借入を行う際には、いくつもの借入を利用しないこと。また、借入などを利用する際には、返済総額などもその都度把握した上で、返済可能な額かどうかを確認した上での利用が基本となります。

 

このように、多重債務対策を行うため、今では借金業法の改正や国を挙げての対策が行われています。もちろん、個人個人の利用方法も大切となってきますから、借入利用の際には十分慎重に行いましょう。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓