債務整理とは

債務整理とは

多重債務を抱えている方は、「債務整理をしたい」と考えている方もいると思います。しかし、債務整理は誰でも行えるものではありません。借入を行った場合には、まずは返済をどうすれば出来るのかを、考える必要があります。どうしても、返済が出来ないと判断した時に、債務整理は考えるようにしましょう。

 

では、債務整理とは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。
まずは、自己破産について。自己破産というと、みなさはどんなイメージがありますか。「もう、借入やクレジットカードの利用は出来ないけれど、もう返済を行わなくて済む」と安易に考えている方もいるでしょう。しかし、自己破産は資産などがある方は、全てを没収されることになります。

 

個人再生の場合には、借金の額を減らすことが出来、その借金は3年という期間をかけて、返済を行っていくことが出来ます。家などの資産がある場合には、残すことが出来ます。

 

任意整理の場合には、弁護士、司法書士を通し、借金の減額や分割などの取り決めを行ってもらい、完済を行っていきます。

 

特定調停については、裁判所で債務者、調停委員が交渉を行っていく方法となります。

 

このように、債務整理を行う際には、様々な方法があります。債務整理をしたいと考えている方は、それぞれ状況も借入額なども異なるでしょうから、自分にとって、債務者にとって良い方法で債務整理を行っていきましょう。「どういった方法があるのだろう?」と分からない方は、一度法律家のプロに相談すると良いでしょう。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓