債務整理のデメリット

債務整理のデメリット

多重債務を抱えている方の中には、「最悪、債務整理をすれば良いだろう」と簡単に考えている方もいると思います。借金をしたということは、返すのが当然。こんな甘い考え方では、新しい生活が立てられませんよ。
では、債務整理を行った際には、どういったデメリットがあるのか、ご紹介しましょう。
債務整理をした方は、信用情報機関に、債務整理をした旨が、掲載されることになります。ということは、債務整理後「お金がなくて、生活が出来ない」と思い、新たにカードローンなどを申し込もうと思っても、この情報によって新たなカードローンの作成などは出来ないということ。この信用情報機関での掲載は、債務整理から5年から7年は情報が掲載されることになりますので、カードローンやクレジットカードなどは申し込むことは出来ないでしょう。

 

そして、自己破産という方法をとった場合には、持ち家などがある場合には、これらの資産は没収されることになります。保証人などが要る場合には、保証人へと支払い義務が移ってしまうことになりますから、他の方へも迷惑をかけてしまうことになります。また、自己破産の場合には、官報などに載ることになりますから、周りの方にも知られることになります。

 

このように、債務整理を行えば、デメリットなども生じることになります。「借金がなくなるから、良いだろう」と考えていると、後々生活に支障を来してしまうこともありますので、債務整理を行う際には、これらのデメリットも把握した上で、行う必要があるでしょう。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓