債務整理の減額報酬について

債務整理の減額報酬について

「債務整理を依頼したいけれど、弁護士などに支払う費用が心配」という方も、多いと思います。確かに、弁護士事務所などを利用すると、「かなり、費用がかかりそう」というイメージがありますよね。

 

では、債務整理を行う際に必要となる、減額報酬について、ご紹介しましょう。
債務整理を弁護士や司法書士などに依頼する際には、様々な費用がかかることは、イメージがつくと思います。その中には、減額報酬というものがあります。減額報酬は、他の固定報酬とはちょっと変わってきます。
債務整理を行うと、借金の額を減額することが出来る手続きを行っていくことになります。そして、減額報酬として、その減額された額から計算を行い、弁護士に支払うこととなります。例えば、減額報酬が10パーセントと記載されている事務所などを利用した場合。500万円の借金を仮に0にしたとします。この場合、500万円の借金額の10パーセントとなる50万円が、弁護士に減額報酬として支払うことになります。減額報酬制度がある事務所を利用した場合には、固定報酬とこの減額報酬が別に支払うことになります。当然ですが、借金額が大きくなったり、減額報酬のパーセンテージが高ければ、それだけ支払う額が大きくなるということ。

 

「そんな、お金はない」という方は、減額報酬を取り入れていない事務所を、選ぶことがおすすめ。減額報酬がなければ、減額を行っても、報酬を支払う必要はありませんから、安心ですよ。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓