債務整理の際必要な費用

債務整理の際必要な費用

「債務整理をしたいけれど、弁護士などに依頼すると、どのくらいの費用がかかるのだろう?」と思っている方も多いと思います。債務整理をするということは、「返済出来るお金がない」ということですから、弁護士を依頼する際の費用などの支払いも心配ですよね。

 

では、債務整理などを行う際には、どのくらいの費用が必要となるのか、ご紹介しましょう。
まず、弁護士や司法書士を利用する際には4つの報酬により、支払い額が決められます。着手金は、依頼の際に必要となるお金となりますので、このお金がなければ、手続きなどへ進むことは出来ません。事務所によって料金は異なりますが、20,000円のところもあれば、10,000円のところなどもあります。

 

そして、基本報酬として、1社に支払う報酬となります。事務所によっては、定額報酬というところもあれば、解決報酬金としているところもあります。20,000円から30,000円程度が相場となっています。そして、減額報酬。借金返済額を減額した場合には、借金額によって報酬が変わってきます。5パーセントから10パーセントが相場となっています。中には、0パーセントというところもありますので、「お金をかけたくない」という方は、減額報酬がないところを探しましょう。また、過払い金請求を行った場合には、過払報酬として、20パーセントの報酬を支払う必要があります。

 

このように、債務整理を行う際には、事務所によってもかかる費用が異なります。心配な方は、事前に料金を確認するようにしましょう。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓