保証人への影響

保証人への影響

借金をしている方の中には、「保証人になってもらっている人がいる」という方もいると思います。保証人になる方は、きっとかなりの勇気をもって、引き受けてくれていますから、この保証人へは、迷惑をかけないことが大切。

 

では、万が一債務整理を行った際には、保証人に影響が及ぼすのか、ご紹介しましょう。
保証人の立場は、どういった立場となっているかというと、「万が一、契約者が借金を返せなくなったら、私が返します」というかなり責任のある立場となります。そのため、債務整理を行った場合には、この保証人が返済を行ってく義務が生じることになります。自己破産の場合には、返済額はそのままの状態で残っていることになりますから、残った借金すべてを、保証人が返済していくということになります。

 

「保証人が返済出来ない場合には、どうなるの?」と思われる方も多いと思いますが、保証人も返済が行えなければ、自己破産などの債務整理を行わなければいけなくなるでしょう。借金には、全く関係のない人まで、巻き込んでしまうということになります。そうなれば、信頼して引き受けてくれた保証人の人生まで狂わせてしまうことになります。「自分が楽になりたい」という気持ちは分かりますが、周りに迷惑をかける場合には、保証人にとっても影響の少ない方法を選ぶ様にしましょう。

 

このように、債務整理を行う際には、保証人に迷惑をかけてしまうこともあります。保証人が要る場合には、慎重に債務整理を行う必要があります。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓