司法書士・弁護士の違い

司法書士・弁護士の違い

「債務整理をしたい」という方の中には、「司法書士と弁護士、どちらに相談すれば良いの?」と思われている方もいると思います。どちらも、同じ法律家ではありますが、違いなどが分からない方も多いでしょう。

 

では、司法書士と弁護士の違いについて、ご紹介しましょう。
弁護士に相談を行う場合には、あなたの代理人として動いてくれることに成ります。法定に立つことが出来ますので、あなたに変わって、あなたにとって一番良い状況へと導いてくれる立場となります。司法書士の場合には、法律に関わる文書作成、登記代行などが大きな仕事となります。和解などを行ってくれるもありますが、それらの仕事範囲はその事務所によって異なってきます。司法書士は、扱える内容に制限があります。そのため、裁判などを依頼する際には、簡易裁判所での裁判に限られ、140万円以下の請求額のもののみとなっています。

 

中には、「司法書士と弁護士は、利用の際の費用が変わるのだろうか?」と思われる方も多いと思いますが、費用に関しては、かなり変わるでしょう。弁護士の場合には、幅広い案件を扱えることから、高めの費用設定となっています。司法書士の場合には、気軽に利用出来る程度の設定となっているところが多いでしょう。

 

このように、司法書士と弁護士では、様々な部分で異なる点があります。利用の際には、一度自分が依頼したい内容は御願いすることが出来るのか、費用はどのくらいになるのか、比較してみると良いでしょう。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓