広島県 債務整理相談 おすすめ弁護士

借財を効率的に整理すること

住宅を購入する際には、高額な買い物であるので、住宅ローンを組むのが一般的です。支払期間についても、長期の返済となりますが、あらかじめ返済計画を立てて、計画的に返済を行う事になります。しかし、返済期間が長期になると、その間の景気や雇用情勢の変化にともない、収入が減少したり、職場を失う可能性もまったく無いわけではありません。これらの要因によって、支払不可能になる事も考えられます。

 

返済計画を見直して、新たに実現可能な計画を作成できればよいのですが、それだけの経済的な余裕が無いことも考えられます。以前相談を受けた友人は、ローンを組んだ当初は、経済的にかなり恵まれており、返済計画についても、期間的に余裕を持って計画を作成していたのですが、主要な取引先の経営状態の悪化により、収入が大幅に減少するという事態になってしまいました。基本的な生活は何とか維持できるのですが、毎月ローンを返済するというのは、かなり難しい状態でした。

 

ローン以外にも、生活や事業を維持するために複数の借財をしていましたが、これらを無事に完済するのは、もはや不可能と考えられていたのです。そこで、債務整理をして、借財の圧縮と実現可能な返済を検討することをアドバイスしたのです。ローンや借財など、返済が滞ると、最終的には資産を差し押さえられて、その売却価額から返済を行う事になります。この売却の際には、競売などの方法が取られますが、この方法で与えられる売却価額は、一般的な取引での売却価額と比較して、あまり有利といえません。また、売却の過程に、介入して条件などを提示する事も不可能です。そのため、不利な売却条件であっても、その結果を受け入れるしかなくなってしまうのです。

 

そこで、債務整理の一環として、任意売却を行う事にしたのです。ローンが残っている物件を自由に売却することは出来ませんが、ローン残額の返済を前提にすることで、ローンの貸主と交渉する事が可能です。また、他の借財の相手方に対しても、重要な資産である不動産を自由に処分することは、返済のための資力を減じる事になりますが、総合的な返済計画の一環としてなら、交渉が可能です。このように、いずれ物件を手放すのなら、主体的に整理に取り組むべきなのです。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓