高知県 債務整理相談 おすすめ弁護士

カードローンを支払できない際の債務整理について

カードローンを借りすぎてしまい、支払できないというときに債務整理を利用して何とか仕切り直しをしたということがあります。この時には、まず自分の支払い可能額や実際の利用している金額というものをまず産出するところから始めました。それによって、妥協するラインを決めていくということだったようです。専門の法律機関を利用することで、よくわからない部分についても説明を受けながら進めていくことができたので助かりました。

 

ポイントとしては、債務整理をするということは踏み倒しをするとか、逃れるためであるというわけではないということです。何らかの状況で、私の場合には収入源によるものでしたが、これによって上手く支払いをしながら生活を続けられないという状況になると結果として破産などに結び付くので、カードローンの会社としてもうまく回収できないということになります。そのため、きちんと借りている手続きであるという前提ですが、内容を一部改めるなどして続けられるようにしたほうが双方の利益に合うということになります。

 

注意するべき点としては、開き直りのような状況にしないようにすることです。ルール破りに近いことになるとも言えますから、真摯に対応したうえで変更する交渉ができるようにしていくことが適切と言えます。自分で行っていくという場合には感情的になることも考えられますし、相手方は専門家が出てくることもありますから、法律などに明るい交渉役を立てられるようにしたほうが結果として角が立たないということになります。お互いに第三者を挟んでいったほうが客観的な判断に結びつきますし、よりスムーズに進められるようになるので無駄がなくなると感じました。

 

カードローンを債務整理するというときに注意するべき点としては、こうした手続きを完了させていく過程において、追加の債務を引き受けられるようにすることができなくなるということがあります。より多くの借金をするということは支払できない可能性が上がることになるからです。自身の状況によって、返済のために別の融資を用意するのか、債務整理をするのかと使い分けていけるようにすることが必要であると思いました。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓