長野県 債務整理相談 おすすめ弁護士

銀行カードローンの返済不能

私は、かつて様々な出費が必要になったことから、便利に借り入れることのできる銀行カードローンの申し込みを行いました。私が利用していたカードローンは貸付金利が同業他社のものよりもずっと低く設定されていたために、毎月の返済には困りませんでした。そして比較的少額の借入を中心として行っていたので、毎月余裕を持った返済計画を立てることができ、自分の中では理想的な使い方ができたと思っています。

 

しかし、ここ数年で転職を行ったこともあって年収が以前よりも下がってしまいました。また、勤続年数も十分ではないために、銀行カードローン審査が通過できないようになりました。そこで、私は何とか審査の緩い金融機関を探そうとインターネットをフル活用したのですが、自分の希望額の融資を行てくれるカードローンの審査にはことごとく落ちてしまいました。そこで、仕方がなく消費者金融業者のカードローンの審査に申し込むことを決めました。

 

消費者金融業者のカードローンサービスは利息が高いことがネックですが、審査基準が緩いことや、即日審査、即日振込みが徹底していることが魅力的に感じました。そこで、インターネット上の消費者金融業者のウェブサイトから審査の申込みを行ったところ、即日で審査に合格した通知が届き、後日カードが自宅に送付されてきました。このカードを利用して自分の長年の趣味のための資金の一部として利用してみました。すると意外に使い勝手が良いことが分かり、次々と余計な出費のために借り入れを行うようになりました。そうしたところ、雪だるま式に借金が増えてしまい、返済不能の状態に陥りました。

 

私は返済不能になる前に何とか返済計画の立て直しを行ってきたのですが、返済ができるめどが全く立たなくなってしまいました。そこで、意を決して債務整理の問題に真剣に取り組んでいる司法書士の先生を訪ねました。私は司法書士の先生に依頼したことはこの時が初めてだったのですが、自分で返済について思い悩んでいるよりも司法書士の先生をうまく頼ることは非常に良いと思いました。司法書士の先生からは任意整理という債務整理の方法をすすめられ、その後無事に完済ができました。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓