長崎県 債務整理相談 おすすめ弁護士

カードローンの多重債務から脱出するには

私は、複数の会社のカードローンを利用していました。元々、貯金があまりなかった上に、浪費家でブランド品をいくつも購入していたことから、いつの間にか多額の借り入れをしていました。その後、勤めていた会社が倒産し、収入がなくなったことから、カードローンの返済が滞るようになったのです。

 

最初は少ない貯金を切り崩して返済していましたが、なかなか仕事も決まらなかったこともあり、返済が支払不能になってしまいました。そこで、司法書士事務所に借金返済について相談をしに行きました。すると、債務整理をしてはどうかと言われたのです。債務整理とは、簡単に言うと借金の取り立てを無くすことを言います。早速、債務整理を依頼すると、司法書士が私が借り入れを行っている会社を全て調べて、そちらに債務整理を行う旨の連絡を入れてくれました。

 

すると、それ以上は借り入れ先の会社は私に取り立てができなくなるのです。とはいえ、返済しなくて良いという訳ではありません。もちろん、これまでの借り入れ額よりは返済額は減りますが、全額免除になる訳ではないので注意が必要です。返済額がどのぐらいになるのかは、債務整理の内容によります。というのも、債務整理には4つの方法があるからです。

 

まず1つ目は、任意整理です。任意整理とは、法で決められた利息以上の額を支払っていた場合に、過払い分の利息を同時に請求することができるものです。ゆえに、借り入れ額から過払いの利息を引いた額が返済額になります。次に2つ目は、個人民事再生です。こちらを利用すると、その後の利息の返済は不要になり、大幅に返済額を減らすことができます。そして3つ目は、特定調停です。これは、裁判所を通じて手続きを自分で行うことができる方法です。そして最後は、自己破産です。自己破産をすると、借金が全て免除になりますが、その後しばらくは借り入れをすることができません。

 

このような方法の中で、私は任意整理をしました。なぜなら、利息の過払いもあったため、一緒に請求すれば返済額がほとんどなくなると言われたからです。実際、過払い金が多かったため、借り入れ額の1/4ほどまでに返済額を減らすことができ、無事返済することができました。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓