奈良県 債務整理相談 おすすめ弁護士

銀行カードローンと債務整理について

私は、銀行カードローンが非常に便利だということを友人から聞いていたこともあって、給料日前などに突然の出費が生じた場合に限り借り入れを行うことにしました。はじめ、銀行カードローンは審査基準が厳しいということもあって、もしかすると審査すら通過できないと思っていたのですが、無事に社会的な信用が認められて審査に合格することができました。

 

私はカードローンの利用目的が定められていないことに魅力を感じていた反面で、自分を強く律していないと借りすぎてしまうと思いました。そこで、定期的に借り入れ状況を公式ウェブサイト上で確認するようになり、どうしても必要な時以外はカードを部屋の机にしまっておくことを心がけていました。しかし、銀行カードローンは貸付金利が低いことから、多少借入れても大丈夫だということを思っていたために、ボーナスで完済することにして借入れました。しかし、会社の業績が悪化してしまい、その時のボーナス支給がカットされてしまいました。そこで、利息額が積もるようになってしまい、ボーナスが期待できないとなるとどのようにすれば良いのか真剣に悩みました。

 

私は両親が遠方にいることもあって身近にお金の相談をする人がいませんでした。そこで、消費者金融業者のカードローンサービスを利用して、銀行のカードローンサービスの返済資金の一部として活用することにしました。しかし、今思えばこの行為は非常にばからしいことであり、自分の首をさらに絞めることになりました。銀行カードローンは非常に便利なものですが、それでも高利であるために、うっかりと借りすぎてしまうと誰でも私のように多重債務の状況に陥るのではないかと思いました。私は弁護士事務所を頼って返済遅延のために任意整理の手続きを行ってもらう方法を実行しました。

 

任意整理は債務整理の中でも簡単なものだそうですが、信用に関する情報をさほど傷つけることなく、上手く返済計画を立てることができたので、非常に良かったと思っています。債務整理の方法には様々なものがありますが、何よりも自己破産を回避することができて、担当の弁護士には感謝しています。今後は借り入れを行わないように気を付けたいと思います。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓