新潟県 債務整理相談 おすすめ弁護士

債務整理・住宅ローンの返済未払い時におこなう任意売却について

住宅ローンの返済未払いが続く場合、銀行などの債権者に担保である不動産、詰まり自宅を競売にかけられて売却されてしまうことがあります。その前に不動産である自宅を売却することで引越しの費用、あるいは生活資金として手元に残す方法もあります。それが任意売却です。すなはちローン滞納、あるいはこれ以上返済を続けることが難しいというときに貸主と金融機関の合意を得ることで不動産の売却が可能となるもので、債務整理の手段の1つとして用いられることもあります。

 

昨今の経済事情から住宅ローンの返済不履行は決して珍しいケースではありません。かく云う私もローンを組んだ当初は昇給やボーナスを視野に入れて返済計画を立てたつもりでしたが、長引く不況の中で状況は転がるように悪くなり、とうとう会社が倒産の憂き目に会ってしまったのです。こうなると1つだってこのまま払い続けられるローンはありません。ましてや10年以上残されているローン、先の見えない今となっては持ち続けるわけにもいかない、このまま債務不履行で売り払われてしまうのを待つしかないのかと途方に暮れていたところ、債務整理を相談した弁護士さんに持ちかけられたのが上記の方法・任意売却だったのです。

 

このまま何もしないで居るよりも、少しでも高い値段で売却することで手元に幾ばくかでもお金が残せれば当面の生活資金、あるいは引越し資金の足しに出来る、そう説明され、債権者側とも相談した結果抵当権を解除してもらうことができ、自身で手続きを行うことにしました。幸いなことに自宅の場合、築年数が浅いこともあって考えていたよりも高い金額で売却できることとなりました。債権者側に全額返済した上で手元にも当面の生活が成り立つくらいの金額を残せる目途が立ったのです。

 

任意売却の手続きは債務者との配分案の作成など多少面倒なこともありますが、このことを知らないでいたらただ競売まで手をこまねいているより無かったでしょうし、その後の生活資金にも困り、ローンが完済できていたかどうかすら判りません。弁護士さんにも相談だけで済み費用が無料だったことも幸いしました。もしも現状私と同様のことで悩んでおられる人がいらっしやったら是非任意売却をご検討になるとよいかと思われます。またそのほかにも整理の必要な債権のある場合は他の任意整理の方法も含めて弁護士さんに相談してみることをお薦めします。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓