山梨県 債務整理相談 おすすめ弁護士

作るときは簡単にできたカードローンも支払が苦しくなり

軽い気持ちでカードローンを申し込みました。何かの時に役だつかなくらいの気持ちでした。ある時、給料前にお金がちょっと足りなくなり、カードローンで借り入れをしました。あっさり現金を手にすることができ、何かあるとちょこちょこと借入していました。当時はまだ返済がちゃんとできていたのですが、月々決まった額を返済していくだけなのに、気づけば満額使っていました。カードローンを利用する頻度がそのころにはだいぶ上がってました。調子に乗って買い物をしたり、自分のお金くらいの気持ちに勘違いしていたのかもしれません。

 

あるとき、ほかの支払いと重なり、いくつか支払えないかもしれない状態になりました。この時点で、支払えない旨を相談すればよかったのかもしれませんが、滞納する方がよくないと思って、新たにカードローンを作ってそれで返済をしていました。借金で借金を返済といった絵にかいたような転落が待ってました。毎月の支払いは待ってくれません。収入があれば払えるだろうと思っていたはずなのに、なぜかギリギリ足りない。結果的に支払滞納をするようになりました。滞納しつつも支払いを続けていたのですが、2か月分まとめて払うということはなかなかできません。

 

結果的に延々滞納したり延滞して支払う状態になり、そのうち督促の電話がかかってくるようになりました。この時点で、ちょっとパニックに陥っていた私は、電話も無視するようになっていました。そして、数か月後、ある会社から一括請求の通知がきました。いつかは来るとはわかっていても、来たときにはやっぱりなと思いました。なんとかその会社に電話して、分割してもらおうと思いましたが、その会社は話を一切聞いてくれませんでした。最終的には弁護士にでもなんでも相談すればいいという風に言われてしまいました。

 

相手方から言われるとは思っていませんでしたが、その方がいいと自分でも思いました。そして、弁護士のところに債務整理の相談に行きました。相談した弁護士は優しくて、不覚にも涙が出ました。それから、督促の電話はぱったりやみ、久しぶりに追い立てられない平和な日が来ました。月々の返済額も随分安くなり、利息も免除してもらえました。自分が蒔いた種とはいえ、反省しています。

自己破産・債務整理のシミュレーションが匿名・無料でできるのがこちら↓↓↓